La percée de Sedan 1940 - pastrakwargame
La percée de Sedan 1940 - pastrakwargame

Fall Gelb - Sedan 10 mai 1940

press to zoom
Fall Gelb réalisé - pastrakwargame
Fall Gelb réalisé - pastrakwargame

La percée de Sedan 1940

press to zoom
Bataille de la Vallée du Rhône - pastrakwargame
Bataille de la Vallée du Rhône - pastrakwargame

Arrivée du XIV.AK(mot) à Lyon

press to zoom
La percée de Sedan 1940 - pastrakwargame
La percée de Sedan 1940 - pastrakwargame

Fall Gelb - Sedan 10 mai 1940

press to zoom
1/3

フランス40

Festung Holland

L'attaque allemande aux Pays-Bas est lancée dans la plaine Belge par le Heeresgruppe B de Fedor von Bock comprenant les 6.AOK et 18.AOK. Par ailleurs, des parachutistes sont chargés de s’emparer des principaux ponts afin de faciliter l'attaque de Festung Holland. La manœuvre Dyle-Breda des unités de la cavalerie française consiste, pendant cinq jours, à couvrir l’infanterie. À partir du 10 mai 1940, Henri Giraud avance en Belgique puis à Breda aux Pays-Bas à la rencontre du XXVI.AK d'Albert Wodrig, en soutien du III.Army-Corps d’Adrianus Nijnatten (5.Infanterie-Division et 6.Infanterie-Division).

XXVI.AK

Wodrig.png
9.Pz.png
Verfugungs.png
225.png
254.png
256.png
Fall-Bde.png

III.Army-Corps

Giraud.png
1.DLM.png
25.DI(mot).png
2.Hussards.png
1.png
5.png
6.png

18日間のキャンペーン

何になるのか 18日間のキャンペーン ベルギーでは、難攻不落と言われているエベン=エマルの砦が倒れました。  1940年5月11日、 36時間の抵抗の後、  成形爆薬 降下猟兵によって使用されます。

国の反対側のマルトランジュでは、シャスール・アルデンナイス師団がロンメルの7.パンツァー師団に反対しました。彼らは抵抗し、こちら側で本物のドイツ軍の攻撃を実行する装甲車両の大部分をブロックし、  セダン 

Eben-Emael

2.png
Student.png
7.Fall.png

マルトランジュ

Keyaerts.png
1.Ardennais.png
7.Pz.png

アニュの戦いとジャンブルー

アニュ戦い ジャンブルーのそれ リンクされている。戦闘は1940年5月12日に始まりまし 3.DLM  そしてその 4.パンツァー部門 続いて 3.パンツァー部門 1940 5月14日Prioux Cavalry Corpsは撤退を続け、 XVI.AK(mot)がそれに続きました。  ヘプナー著。ラインの後ろのフランスの後退 Dyle-ナミュール、経由 計画で計画されたジャンブルーギャップ 

XVI.AK(単語)

Hoepner.png
3.Pz.png
4.Pz.png

騎兵隊

Prioux.png
2.DLM.png
3.DLM.png

セダンの躍進

セダン地域は、事実上、  マジノ線  モンメディの要塞化されたセクター 東にそして アルデンヌの防衛部門 北西に。 1940 5月13日グデーリアンXIX.AK(mot)セダンムーズ川を渡ろうとしていました。セダンのフランスの防衛 弱く、無視されています。それだけ the  55.歩兵師団が配備され、 5.DL騎兵隊 予備です。グデーリアンは攻撃を続け、フランスの抵抗を一掃します。

XIX.AK(単語)

Gudérian.png
1.Pz.png
2.Pz.png
10.Pz.png
GD.png

10.ボディ

Grandsard.png
55.Inf.png
71.Inf.png
5.DLC.png
4.BCC.png
Ardennes.png
Montmédy.png

La Bataille de Monthermé

Le 13 mai 1940, la 6.Panzer-Division de Werner Kempf, rattachée au XLI.AK(mot) de Georg-Hans Reinhardt, arrive à Monthermé. Manquant d'armes antichars et d'hommes, la 102.DIF et la 61.Infanterie-Division se rendent. Avec les têtes de pont établies à Monthermé, Dinant et Sedan, sept Panzer divisions allemandes se lancent vers la Manche, encerclant les armées alliées dans le nord de la France et en Belgique.

Kempf.png
6.Pz.png
8.Pz.png
3.mot +.png

Vs

102.Fort.png
61.Inf.png

La Bataille de Flavion

Le 15 mai 1940, le Groupe d'Armées N°1 de Gaston Billotte, envoie la 1.DcR en soutien du 11.Corps d’Henri Martin afin d’enrailler la progression du XV.AK (mot) d’Hermann Hoth. A Flavion, les Français doivent empêcher les Allemands de franchir la Meuse et bloquer la route vers Philippeville. Le général André Corap (9.Armée) propose le soutien de la 4.DINA aux quatre Bataillons de Chars de Combats (25, 26, 28, 37) affectées à la 1.DcR. Malheureusement, les 5.Panzer-Division et 7.Panzer-Division engagent une bataille de chars et débordent les positions françaises. Le 37.BCC est détruit à Beaumont et Rommel poursuit son avance. 

11.Corps

Corap.png
1.DCr.png
25.BCC.png
26.BCC.png
28.BCC.png
37.BCC.png
4.DIA.png

La Bataille de Stonne

La Bataille de Stonne, débute le 15 mai 1940 pour le contrôle du village de Stonne et de la ligne de crête sur laquelle il est situé. Cette position permet de dominer en hauteur la tête de pont allemande de Sedan créée par le XIX.AK(mot) d’Heinz Guderian. La 2.Armée contre-attaque avec sa réserve, le 21.Corps de Jean Flavigny (3.DCr et la 3.DIM) et menace la progression des Allemands sur les points de franchissement de la Meuse.

21.Corps

Flavigny.png
3.DCr.png
41.BCC.png
42.BCC +.png
49.BCC +.png
3.DI(mot).png
Flak.png

La Bataille de La Horgne

Le 15 mai 1940, le XIX.AK (mot) du général Heinz Guderian ouvre une brèche au milieu des 2.Armée et 9.Armée françaises entre Poix-Terron et Baâlons grâce aux 1.Panzer-Division, 2.Panzer-Division et 10.Panzer-Division. Les allemands s'apprêtent à foncer en direction de Rethel. La 3.Brigade de spahis constitue un point d'appui au carrefour de La Horgne en attendant les renforts. Les hommes des 2.Rgt de spahis algériens (venant de l’Oranais algérien) et 2.Rgt de spahis marocains (venant du Sud Marocain) chargent à cheval contre les chars allemands, sabre au clair. (Cet épisode est inventé pour la légende).

Spahis

3.Bde de Spahis.png
2.Rgt Alg.png
2.Rgt Mar.png
Artillerie.png
MB 174.png

La Bataille de Moncornet

Le 17 mai 1940, avec la 4.DcR (2e BCC,  24.BCC et 46.BCC), le général de Gaulle décide d'exécuter une contre-attaque vers Montcornet, dans l'Aisne. Ce village revêt une importance stratégique car il est situé sur l'axe routier entre Reims, Laon et Saint-Quentin. De fait il devient un point de passage pour la logistique allemande de la 1.Panzer-Division. Les Allemands répliquent par une offensive aérienne de Stukas qui décide le général Georges de faire passer ses troupes derrière l'Aisne à Fismes.

De Gaulle.png
4.DCr.png
2.BCC +.png
24.BCC +.png
46.BCC +.png

アラスの戦い

アラス戦いは1940年5月21日にフランスとイギリスの軍隊によって開始されました。 アラスでの反撃は、フランス北部に向かうドイツ軍の前進を阻止するための連合軍の試みでした。ペロンヌが脅かされている間、カンブレサンカンタンと同様に倒れた。英国遠征軍は、この装甲反撃を実行して、ドイツ軍の後方を抑制し、補給線を切断してロンメルのパンツァーの廊下を切断する必要があります。

イギリス海外派遣軍

Brooke.png
50.mot.png
4.Royal.png
7.Royal.png
5.Inf.png
Molinié.png
3.DLM.png

4.AOK

Rommel.png
5.Pz.png
7.Pz.png
GD.png
Eicke.png
Totenkopf Rgt.png
Ju.87.png

ダンケルク-ダイナモ作戦

ダンケルク戦いは1940年5月20日に始まります。この戦闘中、 ダイナモ作戦 ダンケルク イギリス陸軍 (含んでいる カナダ軍)。戦略的撤退運動は、ダンケルクのポケットを保護するための海上再乗船作戦と陸上作戦の両方で構成されています。  ドイツ軍によって副官に捕らえられ、彼らの航空と砲兵の砲撃の下で、連合軍はイギリスに向かって避難します。 the  1940年5月24日グデーリアンの先駆者 ダンケルクの近くに到着すると Haftbefehl  一般の OKHによって確認されたフォンルンドシュテットは、  1940年5月27日 これは、いくつかのフランスの師団がイギリス遠征軍の乗船を保護するための時間を残します。

ダンケルク

21.Inf.png
32.Inf.png
60.Inf.png
68.Inf.png
12.DI(mot).png
8.Zouaves.png
152.RI Diables Rouges.png

リールのポケット

リールとその周辺地域の防衛(ルース  スクラン  オーブールダン)は、1940年5月25日から30日まで一般によって保証されています Jean-BaptisteMolinié。 5日節約できます イギリス海外派遣軍  で搭乗する ダンケルク、の防御と同時に ブーローニュシュルメール との カレー。ドイツ軍は、 4.PanzerDivision5.PanzerDivision7.PanzerDivisionの強力なXXVII.AKに従事しています。の抵抗 北アフリカの軍隊は非常に強いので、ドイツ人は彼らに名誉を与えます。

XXVII.AK

4.Pz.png
5.Pz.png
7.Pz.png
7.png
217.png
253.png
267.png

7.陸軍

Molinié.png
15.DI(mot).png
25.DI(mot).png
1.DIMar.png
2.DIA.png
4.Inf.png
13.Tir Alg.png

アビービルの戦い

の要素 2.歩兵-師団(単語)  1940年5月21日以来、アビービルの南に強力に防御された橋頭堡を形成しました。 この橋頭堡を減らし、上の交差点を制御するために ソムアルトマイヤー将軍は 2.DLC5.DLC 1.装甲師団(イギリス) 。事業の継続は、  4.一般のDcR  ドゴール。攻撃は1940年5月28日、第57歩兵師団が開始したときに始まりました。 ドイツのII.AKアビービルに配置されます。

騎兵グループ

Altmayer.png
2.DLC.png
5.DLC.png
De Gaulle.png
4.DCr.png
1.Arm.png
10.Hussars.png

II.AK

57.png
K7.png
Artillerie.png

フォールロット作戦

フランス作戦の第2フェーズは、1940年6月5日、ドイツ軍がソンムウェイガンド線のフランス軍の防御を攻撃したときに始まりました。  フォンボックグループ ソンムフォンルンドシュテットグループでフランス人と交戦 Aisneにあるもの。アミアンの南、 10.CorpsdePierre異種の軍隊 アルトマイヤーの10.陸軍に所属するグランドサードは、4日間、フォン・ヴィータースハイム将軍のXIV.PzKorps攻撃を押し戻しました。

XIV.AK(単語)

Wietersheim.png
1.Pz.png
9.Pz.png
10.Pz.png
GD.png
9.png
K7.png

10.ボディ

Grandsard.png
16.Inf.png
24.Inf.png
4.DIC.png
7.DIC.png
12.Tir Sen.png
MB 700.png

エーヌ川とソンムの戦い-ルテル

AisneSommeに対する激しい抵抗にもかかわらず、フランス戦線は1940年6月9日フォンルンドシュテットHeeresgruppeAによる攻撃に直面して崩壊しました。 4つの機甲師団と15の歩兵師団で、ドイツ軍は4つのフランス師団(2、10、14、36)を上回り、セーヌ川パリに向かって移動しました。

Herresgruppe A

Rundstedt.png
1.Pz.png
2.Pz.png
6.Pz.png
8.Pz.png
Polizei.png
Ju 88.png

23.Corps

Germain.png
10.Inf.png
De Lattre.png
14.Inf.png
36.Inf.png
37.BCC.png
152.RI Diables Rouges.png

タイガー作戦-ザールラント

1940年6月14日、 1.AOKを指揮するアーウィンフォンウィッツェルベン将軍は、まだ抵抗していたザールラントマジノ線に対してタイガー作戦を開始しました。ドイツ軍6つの師団からなる3つのArmeeKorps (XXII – XXIVおよびXXX)と交戦します。  歩兵(60 –76-  93 – 252 – 258 – 268)。強力な砲兵の集中も集められ、ドイツ空軍は支援を提供し、300機のストゥーカ爆撃機とハインケル爆撃機が防御側と特に砲台を攻撃することで進行を促進します。ヒューバート将軍の20.軍団は、1。歩兵師団ポーランドの擲弾兵を犠牲にすることでしばらく抵抗しました。

I.AOK

Witzleben.png
60.png
76.png
93.png
252.png
258.png
268.png

22.ボディ

Hubert.png
1.Grenadier.png
52.Inf.png
82.DIA.png
1.Zouaves.png
1.Tir Mar.png
Sarre.png

KleinerBär作戦-マルコルスハイム

1940年6月15日のKleinerBär作戦は、フリードリッヒ7.AOKによるライン川平原への侵攻でした。  ドールマンドイツ人ヌフブリザック周辺で力を合わせて川を渡ります。この作戦は、ベルギーアルデンヌによる主な侵略を補完するものとして、1940年の初めにドイツの最高司令部によって開始された反省の結果です。  攻撃はマルコルスハイムの町の要塞に対抗しましたが、9つのドイツ師団がライン川を渡り、ジョージ・ミセリー13軍団の2つ半のフランス師団に相当しました。退却。

7.AOK

Dollman.png
96.png
221.png
554.png
556.png
557.png
6.png

13.ボディ

Misserey.png
54.Inf.png
103.Fort.png
104.Fort.png
Colmar.png
Bas-Rhin.png
152.RI Diables Rouges.png

コルマールの捕獲

1940年6月16日7.AOKの運用 アルザスマジノ線に対して継続します。 5つの新しい部門(6 – 213-  218 – 221 – 239) XXXIII。 Georg BrandtArmeekorpsは、  2.AndréPrételatの軍集団 アルザスの平原で67.Infanterie-Division2.Infanterie- PolishDivisionで構成されるフランスの予備軍は、スイスとの国境で追い詰められています。

XXXIII.AK

Brandt.png
6.png
213 +.png
218 +.png
221.png
239 +.png
StuG2.png

8.陸軍

Garchéry.png
62.Inf.png
63.Inf.png
67.Inf.png
104.Fort.png
105.Fort.png
2.Inf.png

ローヌ渓谷の戦い-リヨン

1940年6月10日以来、アルプス弧でイタリア人にすでに攻撃されていたルネ・オリー将軍のアルプス軍は、フランス南東部へのドイツ軍の侵攻に対抗するために、その軍隊の一部(カルティエグループ)を再配置しなければなりませんでした。 .AK(word)1940年6月17日、ドイツ人はディジョンにいました。オッズとエンドのユニットを持つジョージズカルティエ将軍は、ローヌ川イゼール川、デュランス川の3つの連続した防衛線を維持する責任があります。ドイツ軍マジノ線に残っている部隊を後方から連れて行き、リヨンは避難します。 1940年6月18日4。パンツァー-エヴァルトフォンクライスト師団は、ソーヌ川の西岸で南に向かって攻撃を続けました。 25.RgtdeTirailleursSénégalaisの兵士はリヨンの北に抵抗します。歩兵連隊のドイツ人-RgtGrossdeutschlandPanzerdivisionSSTotenkopfは彼らの立場に急上昇し、彼らを排除しました。 1940年6月22日、休戦協定が調印され、敵対行為は終了しました。ドイツ国防軍の3つの師団がアルプスに向かっており、イタリア人が抑制され、彼らのつながりを築くのを助けています。

XVI.AK(単語)

Hoepner.png
3.Pz.png
4.Pz.png
GD.png
K13.png
Totenkopf Rgt.png
Ju.87.png

カルティエグループ

Cartier.png
GRM.png
Troupes Coloniales 2.png
25.Tir Sen.png
5.Tir Mar.png
Flak.png
Potez 630.png

コタンタンの侵略-チェルブール

ドイツ軍によるコタンタンの侵攻は1940年6月16日に起こりました。カルヴァドスダイブの背後にあるヘルマン・ホト将軍のXV.AK(mot)は、2つの装甲師団と電動師団で構成されており、すぐにチェルブールに急行するよう命令を受けます。 1940年6月17日月曜日から、ドイツの前衛はサンローにあります。オルヌ川の背後に位置する第16フランス軍団の4個歩兵師団が移動しました。エルヴィン・ロンメル将軍が個人的に7. Panzer-Divisionの作戦を指揮し、1940年6月19日水曜日に、フランス人捕虜がフランス軍に派遣され、チェルブールの無条件降伏を要求した。

XV.AK(単語)

Hoth.png
5.Pz.png
Rommel.png
7.Pz.png
Jag8.png
He.111.png
Bf110.png

16.ボディ

Fagalde.png
9.DI(mot).png
4.Inf.png
21.Inf.png
60.Inf.png
Artillerie.png
Bateau.png

Bataille des Alpes

La Bataille des Alpes débute le 10 juin 1940 par la déclaration de guerre de l'Italie. Elle oppose l’Armée des Alpes française, commandée par le général René Olry, aux 1.Armata et 4.Armata italiennes. Trois (3) opérations sont déclenchées par les Italiens dans trois directions: Chambéry - Briançon - Nice

Bataille des Alpes - pastrakwargame.png

Operazione B - Bourg-Saint-Maurice

L'offensive italienne débute le 21 juin 1940, Luigi Negri lance imprudemment à Bourg-Saint-Maurice la 1.Alpini-Divisione "Taurinense" et la 101.Motorized--Division "Trieste" qui doit exploiter la percée des défenses françaises. Dans le même temps la 2.Alpini-Divisione "Tridentina", et sur la gauche le 4.Raggrupemento Alpini attaquent à Valgrisanche. L'avancée des bataillon "Duca d’Aosta"  et "Val Vestone" se limite à de petites conquêtes face aux 70.BAF et 80.BAF

Corpo d'Armata Alpini

Negri.png
Taurinese.png
Duca d'Aoste.png
Monte Bianco.png
Arditti.png
Trieste.png
San Marco.png

Secteur Fortifié Savoie

Beynet.png
Savoie.png
70. BAF.png
80. BAF.png
Artillerie.png

Operazione B - Modane

En direction de Modane, la 11.Divisione de Fanteria "Brennero" et la 59.Divisione de Fanteria "Cagliari" sont déployées avec les Alpini du bataillon "Susa" et le Alpini bataillon "Val Cenischia". La 1.Divisione de Fanteria "Superga" et Alpini bataillon "Val Dora" sont en appui du I.Corpo d'Armata. Les Défenseurs de Modane dont la 66.Division de Montagne et le  91.BAF repoussent toutes les attaques.

I.Corpo d'Armata 

Vecchiarelli.png
1.png
11.png
59.png
Susa.png
Val Cenischia.png
Val Dora.png

14.Corps

66.Mtn.png
71. BAF.png
81. BAF.png
91. BAF.png
Artillerie.png

Operazione B - Briançon

Les italiens déploient le IV.Corpo d’Armata de Camillo Mercalli comprenant la 2.Divisione de Fanteria "Sforzesca" et la 26.Alpini-Divisione "Assietta", plus la 58. Divisione de Fanteria "Legnano" de réserve. L’objectif de prendre la ville de Briançon n’est pas atteint car bien défendu dans le secteur fortifié du Dauphiné par la 64.Division de Montagne, le 72.BAF et le 6.BCM.

IV.Corpo d'Armata 

Mercalli.png
2.png
58.png
Assieta.png
Artillerie.png

Secteur Fortifié Dauphiné

Dauphiné.png
64.Mtn.png
72. BAF.png
6. BCM.png
Artillerie.png

Operazione M - Maddalena

L'Operazione M (pour Maddalena) a pour but de progresser dans la vallée de la Durance sur Gap. Le II.Corpo d’Armata de Francesco Bettini doit déborder les 73.BAF et 83.BAF munis d’éléments d’artillerie. Ici aussi les italiens n’avancent pas.

II.Corpo d'Armata 

Bettini.png
4.png
33.png
Cuneense.png
Forli.png
Val Maira.png
Valle Stura.png

14.Corps

73. BAF.png
83. BAF.png
Artillerie.png

Operazione R - Menton

L’Operazione R  (R pour Riviera) consiste à prendre la Riviera française puis rejoindre Marseille. Elle oppose le XV.Corpo d’Armata de Gastone Gambara au 15.Corps d’Alfred Montagne. Au Nord, le III.Corpo d’Armata de Mario Arisio lance une attaque avec le 1.Raggrupamento Alpini mais est repoussé. Malgré cette résistance, la Division "Cosseria" s'infiltre et entre dans Menton.

XV.Corpo d'Armata 

Gambara.png
5.png
37.png
44.png
Torino.png

III.Corpo d'Armata 

Arisio.png
3.png
6.png

15.Corps

Montagne.png
Alpes Maritimes.png
2.DIC.png
65.Mtn.png
76. BAF.png
86. BAF.png
96. BAF.png

Chambéry

Le 22 juin 1940, la 13. Infanterie-Division (mot) se présente à Bellegarde. Le groupement Cartier déployé sur le Rhône puis l’Isère, oppose les 179 et 189 Brigades Alpines de Forteresse et le 215 Régiment d’infanterie. L'artillerie de Cartier bloque l'avancée des blindés à Voreppe et Grenoble les 23 et 24 juin 1940. Ni Grenoble, ni Chambéry – où les Allemands et les Italiens avaient prévu de faire leur jonction – ne sont atteints.

Cartier.png
215. RI+.jpg
179.BAF+.jpg
189.BAF+.jpg
BCC2.png
Artillerie.png
D 520.png